使いやすいタイムレコーダー

img-1

最近のタイムレコーダーはより使いやすさを求めて機能アップしています。



これまでタイムカードが一般的に利用されていましたが、タイムカードはとても使いやすいのですが、集計に時間がかかってしまうのです。



タイムカードはタイムレコーダーに差し込むとその時の日時が印字されるという仕組みです。

出勤と退勤のときにそれぞれ差し込めば日時がわかるということになります。
集計はまず出勤の時間と退勤の時間から時間数を求めます。

産経ニュースの情報を確認できるサイトです。

休憩時間があればその時間を差し引いて勤務時間を求めます。

勤務時間より基準となる時間を超えていれば残業時間として集計します。

それをひと月分集計して勤務日数や勤務時間数を計算することになりますが、この作業に時間がかかってしまうのです。より使いやすいタイムレコーダーということで、タイムカードを差し込んだときに自動的に時間数が計算されるものがあります。


これならひと月分の勤務日数や勤務時間数を計算も楽に行うことができます。


またタイムレコーダーの中にはデータで取り込んでパソコンで計算をしてしまうことができるものがあります。ICカードやバーコード、指紋で認証することも可能で、その記録データをネットワークを通じてパソコンに取り込むというものです。
パソコンに勤怠システムがあれば勤務日数、勤務時間数、残業時間数と全て自動的に計算することができるということと、全ての従業員の勤務状況をいつでも確認することができるのです。

関連リンク

img-2
タイムレコーダーと勤怠管理

タイムレコーダーは働いた時間を記録することができるものです。時計の機能を持っているので、会社に出社したときに出勤のボタンを押して時間を記録し、会社から帰るときに退勤のボタンを押して時間を記録するとその日に働いた時間を計算することができるというものです。...

more
img-2
注目されているタイムレコーダーは

タイムレコーダーは会社など労働者が出勤した日付、出勤時刻、退勤時刻を記録するために用いられています。これまで紙製のタイムカードというものを用いて、それをタイムレコーダーに挿入するとその時刻が記録されるのです。...

more
top