注目されているタイムレコーダーは

img-1

タイムレコーダーは会社など労働者が出勤した日付、出勤時刻、退勤時刻を記録するために用いられています。



これまで紙製のタイムカードというものを用いて、それをタイムレコーダーに挿入するとその時刻が記録されるのです。タイムカードには日付ごとの表になっていて、挿入した日の位置に時刻が記録されるというものです。

出勤時刻と退勤時刻が記録されると勤務時間が計算できるというものです。


タイムカードは簡単で扱いやすいという反面、集計やチェックに時間がかかることがあります。毎日記録される出勤時刻と退勤時刻から勤務時間を計算しますが、休憩時間があればその時間を引いて実働時間を求めることになります。

YOMIURI ONLINEを調べるならこのサイトです。

また一日の勤務時間が規定時間を超えている場合は残業時間を計算しなければなりません。
それを毎日計算しておいて、一ヶ月分まとめて勤務時間や残業時間を集計し、出勤日数を確認するという方法になります。



人事などの労務担当者は勤怠管理ということからもこれらタイムカードの内容を計算してチェックする必要があります。

より作業を効率化するために最近注目されているタイムレコーダーはタイムカードに計算した結果を印字するものがあります。

出勤時刻と退勤時刻が記録されたら同時に勤務時間を計算した結果を記録するというものです。


他にもICカードやバーコードを利用したもの、指紋認証機能を利用したタイムレコーダーなどがあり記録した時刻からパソコンなどで自動的に計算することができます。

関連リンク

img-2
タイムレコーダーと勤怠管理

タイムレコーダーは働いた時間を記録することができるものです。時計の機能を持っているので、会社に出社したときに出勤のボタンを押して時間を記録し、会社から帰るときに退勤のボタンを押して時間を記録するとその日に働いた時間を計算することができるというものです。...

more
img-2
注目されているタイムレコーダーは

タイムレコーダーは会社など労働者が出勤した日付、出勤時刻、退勤時刻を記録するために用いられています。これまで紙製のタイムカードというものを用いて、それをタイムレコーダーに挿入するとその時刻が記録されるのです。...

more
top