最近のタイムレコーダーの機能

img-1

会社などで働く人に給料を支払う場合は働いた日数や時間数をもとに計算する事になります。
社員などの日給者の場合は出勤した日数や欠勤した日数と、残業がある場合は手当を支払う事になるので勤務している時間数が必要になります。

パートタイマーやアルバイトといった時給者の場合は勤務した時間数が必要になりますが、有給休暇付与の算定など出勤した日数や欠勤した日数が必要になります。



これら勤務日数や勤務時間数は出勤時間と退勤時間を何かに記録することが必要となります。



正しい日時を記録するということが必要なのでタイムレコーダーを利用することになります。

タイムレコーダーにはカレンダーの機能と時計の機能がありますが、本人を確認するための機能がいくつかあります。


これまではタイムカードというもので、本人が紙のカードをタイムレコーダーに差し込んで記録をするという方法でした。

タイムカードはフロア毎などでそこに従事する人の分が置いてあるという方法が多く、ほかの人の分を間違えて使用してしまうということもあります。

エキサイトニュースの特徴を紹介するサイトです。

しかし最近のタイムレコーダーは自分が持っておくことができるものとしてICカードがあります。これなら間違えて使うということはありません。
またパスワードを利用した方法であれば何も持っておく必要はなく、自分のパスワードを入れることで時刻が記録されるのです。
他にも指紋認証によって時刻を記録するという方法もあり、ネットワーク接続でデータ利用できるものが主流となってきています。


関連リンク

img-2
使いやすいタイムレコーダー

最近のタイムレコーダーはより使いやすさを求めて機能アップしています。これまでタイムカードが一般的に利用されていましたが、タイムカードはとても使いやすいのですが、集計に時間がかかってしまうのです。...

more
img-2
タイムレコーダーの機能について

会社や店舗など働く場所は様々ですが、賃金を計算するためにも勤務時間を把握しなければなりません。また勤務の内容に関しても労働基準法に違反していないか勤怠管理も必要なのです。...

more
top