タイムレコーダーの機能について

img-1

会社や店舗など働く場所は様々ですが、賃金を計算するためにも勤務時間を把握しなければなりません。また勤務の内容に関しても労働基準法に違反していないか勤怠管理も必要なのです。

これら勤務時間を把握するためにタイムレコーダーを使用しているとこはとても多いのです。


タイムレコーダーの基本的な機能はカレンダーと時刻の記録です。


カレンダーは年月日という日付となり、それと合わせて時刻を記録することになります。



これまではタイムカードという方法が一般的であり、すぐに対応することができるなどのメリットがあり利用されていましたが、実際賃金を計算したり、勤怠管理を行うためにには毎日の時間数の集計や月の出勤日数、時間数を集計して確認しなければならず、人事の担当者の負担となっていたのです。



最近はいろいろな機能をもったタイムレコーダーも出てきており、ICカードやバーコードを利用したものがあります。
社員証にバーコードを印刷してそれを読み取ることで、出勤や退勤の時刻を記録するという方法です。

記録した時刻はデータとなっているために、その時刻データから日々の時間数や月の出勤日数、時間数を集計することができるようになります。

あなたの期待に応える産経ニュース情報を多数比較しておりますので、一参考としていただければ幸いです。

勤怠管理のシステムがあれば日々の勤務状況を確認することができるようになるというメリットがあります。


他にもインターネットを利用してスマートフォンなどからWebを使用して出勤や退勤の時刻を登録するという方法があり、離れた場所からも時刻データを集めることもできるのです。

関連リンク

img-2
タイムレコーダーと勤怠管理

タイムレコーダーは働いた時間を記録することができるものです。時計の機能を持っているので、会社に出社したときに出勤のボタンを押して時間を記録し、会社から帰るときに退勤のボタンを押して時間を記録するとその日に働いた時間を計算することができるというものです。...

more
img-2
注目されているタイムレコーダーは

タイムレコーダーは会社など労働者が出勤した日付、出勤時刻、退勤時刻を記録するために用いられています。これまで紙製のタイムカードというものを用いて、それをタイムレコーダーに挿入するとその時刻が記録されるのです。...

more
top