タイムレコーダーと勤怠管理

img-1

タイムレコーダーは働いた時間を記録することができるものです。



時計の機能を持っているので、会社に出社したときに出勤のボタンを押して時間を記録し、会社から帰るときに退勤のボタンを押して時間を記録するとその日に働いた時間を計算することができるというものです。


ではなぜ時間を記録しなければならないか、その目的は勤怠管理なのです。



勤怠管理というのは給料を計算するためにも必要であることと、従業員が適正に働いているか管理をするために必要となります。タイムレコーダーは今ネットワークに接続されるものが多くなっており、インターネットを利用したものもあります。


スマートフォンやパソコンを利用したものもあり、スマートフォンからインターネットを経由して時間を記録したり、パソコンのWeb画面でパスワードを入力して時間を記録するようなものもあります。

エキサイトニュースのサイトが登場しました。

タイムレコーダーを利用すると正確な時間を記録することができます。


これは勤怠管理には必要なことで、給料を計算するための根拠にすることができます。

出勤日数や労働時間以外にも残業時間は残業手当として支給しなければなりません。
また会社によっては欠勤や遅刻早退によって給料から控除することもあるため、これら日数や時間は正確に記録する必要があります。
適正に働いているか管理するということでは長時間労働がないか勤怠管理には必要なことです。
会社として残業が多いのはよくありません。負荷がかかっている場合は対策も必要となってきます。

関連リンク

img-2
タイムレコーダーと勤怠管理

タイムレコーダーは働いた時間を記録することができるものです。時計の機能を持っているので、会社に出社したときに出勤のボタンを押して時間を記録し、会社から帰るときに退勤のボタンを押して時間を記録するとその日に働いた時間を計算することができるというものです。...

more
img-2
注目されているタイムレコーダーは

タイムレコーダーは会社など労働者が出勤した日付、出勤時刻、退勤時刻を記録するために用いられています。これまで紙製のタイムカードというものを用いて、それをタイムレコーダーに挿入するとその時刻が記録されるのです。...

more
top