インターネットを使った集客 O2O

O2Oとは【OnlinetoOffline】の略であり、インターネットなどのOnlineから実店舗などのOfflineに顧客の購買行動を誘導するようなマーケティング施策のことです。

また逆に実店舗などOnlineからインターネットなどのOnlineに誘導する場合にも使われることがあります。O2Oをうまく使うことにより、低コストで高いマーケティング効果が期待できる施策を行うことができます。フェイスブックやスマートフォンのアプリなどで【この画面を店員にお見せ頂ければ5%オフ】といったクーポンを1度は見たことがある人がほとんどだと思います。

これもO2O施策の1つで、フェイスブックやスマートフォンのアプリなどでクーポンを配布するのは非常に低コストででき、これを見て実店舗に来てくれる顧客が増えれば売上が大きく増える可能性があり効果の高いマーケティング施策となります。今の社会では、タブレットやスマートフォンの普及でインターネットに触れる機会が昔と比べ大きく増えました。これにより購入する前にインターネットで情報収集する人が増え、情報収集してから実際に店舗に足を運び購入する、もしくは店舗で実物を確認した後にインターネットで一番安いところで購入する、といった流れが当たり前になりつつあります。

このような社会の変化にともない、実店舗とインターネットを両方利用する顧客に合わせた施策が必要となり、O2Oは今の社会に適した非常に効果的な施策と言えます。O2O市場はどんどん拡大していて現在の国内の普及率は60%を超えると言われていて、今後さらに増えることが予想されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *