リアル店舗へ誘導できるO2O

O2Oマーケティングと呼ばれる言葉が近年は話題になっています。

企業が成功するためのマーケティングとなっているので知っておくと便利です。今は実店舗に加えてECサイトが乱立しているので、これに対抗するべくして作られたのがO2Oといえます。お互い別々にマーケティングをするよりも相互作用を狙って実店舗に足を運んでもらうのが最大の強みです。

オンライントゥオフラインの略でオンライン上でクーポンを配布する、これを実店舗で使えるようにすればお客さんを呼び込む事ができます。またECサイトで近くにある店舗の在庫状況を確認できるようにすればすぐに買物をしたいお客さんを呼び込めるでしょう。ウェブ上での施策は解析に優れた方だと簡単に行えますが専門家でない場合は難しいです。O2Oの場合はクーポンを店頭で利用した方の数を数えるだけでどれくらいの効果があったのか測定しやすくなっています。

顧客の分析をする事ができるので次のマーケティングに活かしやすいのも魅力です。O2Oと別のものでオムニチャネルと呼ばれる戦略もあります。こちらはオンラインからオフラインに誘導をしないのが違いです。実店舗とネットの区別を付けずに同じように利益を確保するための手段となっています。メリットはお客さんを囲い込むことでO2Oとセットで利用すれば高い効果を発揮してくれるのが特徴です。実際に利用している企業はかなり多く成果も上げているので検討してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *