ネットビジネスに必要なO2Oとはなにか

現代はネットビジネスが盛んになっているのでそれに対応する戦略が必要です。

注目されているのはO2Oと呼ばれるものでこれはOnlinetoOfflineの略となっています。ネット上で情報を理解したお客さんが実店舗に足を運んでくれるようにする戦略で具体的にクーポンの配布や握手券といった要素です。これはインターネット時代に対応するべくして作られたものでリアル店舗へお客さんを誘導します。お客さんは店舗で調べてネットで安いものを買うといったリアル店舗がショールーム化しているものに対応して作られた戦略です。

単体でO2Oを使うのではなくオムニチャネルと連携することで効果を発揮してくれます。あくまでお客さんを誘導するための手段としてO2Oを使いその後はオムニチャネルによる囲い込みを行うのが特徴です。最近ではインターネット上にあるSNSサイトを使い多くのお客さんに割引券を発行しています。手軽に行えるサービスでスマートフォンで割引券を提示すればその場で安く購入できるのが魅力です。

また専用のクーポンアプリを使う配布するといった手段も使えます。ゲーミフィケーションと呼ばれるものも活用でき、こちらは来店したらアプリ上にポイント獲得が表示されるシステムです。ポイントによりランクアップする用になっていて達成感があるため顧客を呼びやすくなっています。スマートフォンにはGPSが装備されている、これを使って特定の場所でクーポンを配布するといった手段も可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *