O2Oを使えばネット時代を生き抜くことが可能

お客さんは店舗からECサイトへと流れています。

原因はスマートフォンが普及したことによって誰でもネット通販をすることができるようになったからです。これにより従来までと違い人気の商品や希少価値のあるものも簡単に手に入るようになりました。店舗に足を運んでくれるお客さんはかなり少なくなってしまったため小売業者では新たなマーケティングを作っているので必見です。O2Oマーケティングはお客さんを店舗に誘導するための手段となっています。

オンラインとオフラインをつないで店舗に誘導するのが目的です。SNSサイトやO2Oアプリを使用してクーポンを配布します。店頭で使えるようにすれば売上がアップするので必見です。実際に店頭でクーポンを使った人を調べるときにはクーポンの数を数えるだけでいいので分析も簡単と言えます。あくまでお客さんを店舗に誘導するためのものなのでこれだけでは囲い込むことができないです。そこでオムニチャネルを併用して効果的な結果を上げると良いでしょう。

オムニチャネルは店舗とネットショップを連携させてお客さんを囲い込む手段です。在庫を一元化すればほしいときに商品を購入できるようになります。例えば他店舗から取り寄せ可能、店舗の在庫をオンラインでチェックできるようにすると便利です。売り時を逃さずに確実に商品を提供できるようになるので必見となっています。O2Oをうまく利用してネット時代を凌ぐのが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *