「O2O」を利用したことありますか

皆さんは「O2O」という言葉を聞いたことがありますか。

すでに知っているという方はまだ少数なのではないでしょうか。「O2O」は、「OnlinetoOffline」の略語で「On2Off」と表現されることもあるオンラインからオフラインでの行動を促す施策そのものや、オンラインで接触した情報をきっかけにオフラインでの購買行動に影響を与える施策を指し示す言葉です。たとえば、オンライン上で提供された割引やサービス追加のクーポンに惹かれて店舗に来店したことがあるという方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

あるいは位置情報サービスなどを活用することで探し出した店舗を利用したことがある方もすでに結構いらっしゃることでしょう。このように「O2O」はその名前はあまり知られていませんが多くの人たちが利用したことがあるすでに私たちにとって身近な存在と言えます。そんな「O2O」の最大の特徴は、各企業や店舗が行ったマーケティングの効果を評価しやすいという点にあります。

多くのマーケティングはその効果を実測することがなかなか難しいのは誰もが想像がつくところではないでしょうか。特にオンラインマーケティングの場合アクセス解析のコンバージョン設定などはコンピュータに強くない人にとっては難しい作業です。一方、「O2O」を活用した場合実際にクーポン枚数を数えるなど誰にでもできる作業でその効果を把握することができます。そのため、多くの企業や店舗で活用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *