アパレル会社にとってO2Oとしてのアプリ

アパレル会社にとっては、O2Oの役割となるためにアプリを導入する企業が非常に増えてきております。

アプリをお客様が来店したときにダウンロードをしてもらうことにします。当然のことながら、そのお店に来たということは、そのお店のブランドが好きなお客様である可能性が非常に高いと言えるでしょう。そこで、アプリを勧めることにします。そして、その機能の一部に自社ECサイトの機能などをつけることにするとそれがO2Oの役割を果たしてくれることになります。

ここで重要なのは、自社ECサイトであるところが上げられます。日本では自社ECよりも様々なブランドが集まっているモール型のサイトの方が人気が高いですが、アパレル会社側から見れば、手数料が非常に高くなってしまいます。それに比べて自社ECサイトは最初に立ち上げてしまえすれば、もっとも効率的に商品を売れる場所ということになります。このように、O2Oの役割を果たせる機能を持ったアプリはアパレル会社にとっては非常に有用な販促ツールといえるでしょう。

また、それ以外の機能にPUSH通知機能も存在しています。これによって、新商品の告知やセールの告知を行うことも可能になってきます。また、それ以外の機能としてポイント機能をつけることも可能といえます。ポイント機能は物理的なカードでも問題ありませんが、アプリにすることによって大きくコスト削減できることがメリットといえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *