店舗経営者は必読のO2Oアプリ

簡単に商品を購入できるのがECサイトで、ここでは食品からおもちゃまで多数用意されています。

近年スマートフォンが普及したことによって一般人は簡単にECサイトにアクセスして買い物をする事ができるようになったのが特徴です。ここで注意しておきたいのが店舗経営者で従来よりも売上が落ちているのが現状となっています。理由はECサイトに多くのお客さんが流れ込んでいて中々顧客を囲いきれずにいる部分です。最近はO2Oアプリと呼ばれるものが登場して顧客獲得に力を入れています。

O2Oアプリはインターネットから実店舗へと足を運ばせる、また逆も行う事ができるツールです。たとえばスマートフォン向けにO2Oアプリを作りクーポンの配布を行います。そうすると顧客はスマートフォンを持って店舗に買い物に来てくれるといった具合です。上記のものをクーポン型と呼びインターネット上で配布します。ECサイト連携型のものはポイントを一括管理するもので、ネットショップ以外に店頭でもポイントを受け取れるのが特徴です。

またリアル店舗の在庫状況もチェックできるのがメリットと言えます。ゲーミフィケーションはスマートフォンに使われている位置情報を利用してお客さんにアプローチするものです。来店するとクーポンやポイントをもらえるといった内容をしています。SNS型はSNSを使って口コミや企業自身の情報を発信するものです。特にO2Oアプリは使いやすいものなので検討してみるといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *