QRコードから様々な情報を得られるQRリーダー

QRリーダーは、QRコードという独特の二次元タイプの模様を活用して制作されたコードを読み取るための装置です。

リーダーのかざし方は、バーコードリーダーの様にかざさなくても、左右上下の方向からかざすことができ、それによって情報を取得することが可能です。

QRコードのQRとはクイックレスポンスの略となり、素早く読み取る機能を持っていることからそう呼ばれる形になっています。バーコードが数字をメインにした情報となりますが、QRの場合だと漢字・カナ・ひらがななどに対応しており、QRリーダーで取得できる情報量は多いです。

また大きな特徴としては、QR自体が破損や汚れている場合であっても復元することができるため、多少の不備があってもしっかり読み取れることができます。QRリーダーでの読み取りも比較的にしやすいことから、近年は様々な場所でも活用されています。

特に手持ちのスマートフォンなどの携帯端末では、搭載カメラを用いてQRリーダーにも変身させることも可能です。そのQRコードに対応したアプリをダウンロードして、それを起動させカメラで映し出す様にして読み取らせます。

そしてさらに進化しており、ネットのブラウザ上からアプリを起動するだけで、QRリーダーに早変わりすることも出来る様になります。これは専用のアプリをダウンロードすることなく使うことができる点でも重宝します。

紙面上でもネット上でもQRコードを作っておけば、それを読み取らせることで、簡単に情報を取得することができるのも魅力で、近年は店舗サービスなどで利用されることも多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *