バーコードリーダーシステムの効果

バーコードは縦縞の線の太さによって数字、文字、記号を表すシステムです。

バーコードは人間の目で見ると線の羅列でしかありません。

しかし、実際はその縦縞の線は数字、文字などを表しています。これを読み取るシステムがバーコードリーダーになります。バーコードが誕生した背景には、品種の増加、賞味期限などのいろんな情報を商品に埋め込む必要が発生したからです。

商品ごとに記載された情報は人間の目では見ることはできますが、バーコードが誕生した当時は、文字を読み取る技術は精度が低く、一般化されていませんでした。そのため、縞模様をある一定の規則で文字、数字などを表すバーコードが誕生し、そのバーコードを読むリーダーが誕生しました。

バーコードとバーコードリーダーによって、商品に記載されたコードがコンピューターで読み取れるようになると商品管理の機能が格段に向上します。生産管理、在庫管理、製品の輸送などにおいて、検品、商品の数量確認が早く確実に行えるようになるからです。

そして、その情報を一元管理ができるようになると、本社にいながら、遠隔地の商品の管理が簡単にできるようになります。現場ではバーコードリーダーでバーコードを読み取ると、本社ではその情報がすぐ届くようになるからです。

バーコードもインストアコードを導入することで、その会社独自の情報を埋め込むことができますし、製品の生産から販売までのトレーサビリティが可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *