多彩な使い方ができるバーコードリーダーの魅力

バーコードリーダーは、細い線が羅列しているバーコードを読み取ることができる機器で、スーパーや飲食店、家電量販店などで活用されています。

商品には標準13桁であるJANコードが必ず付されており、仮にバーコードリーダーを活用すれば商品の識別を行うことも可能で、決済から在庫管理などにも使うことができます。

他にも顧客にポイントカードを発行してポイントカード管理を行うことができる他、POSレジなどでも使うことができ、幅広く浸透しています。もっともPOSレジで使えるとレジでの集計の間違いを防ぐこともでき、それだけでなくレジ処理の手間を省くことができます。

バーコードリーダーの使い方には、PCやスマートフォンに接続を行うことで読み取ったデータを端末で管理できる点もあります。リーダーによって入手したデータをそのままパソコン内のソフトで表示させ、データベース化することも可能です。

カメラを使った認証よりも手っ取り早く識別を行うこともできる点でも優れています。社員の勤怠管理やビル・工場などの施設に入出管理も行うことも可能で、バーコードを使った社員証を発行することで対応することもできます。

この様にバーコードリーダーは現在では、多くの企業がバーコードを読み取るため導入されており、使い方からも業務の効率化の役割を果たします。今後は人間の場合、バーコードに代わる生体認証による管理も始まっていますが、物の管理や情報を把握する上でバーコード管理が馴染む点もあり、将来も使い続けられる可能性が高いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *