バーコードリーダーとバーコードの規格について

バーコードリーダーは白線および黒線の模様になっているバーコードを読み取る装置です。

白線と黒線は太さが異なるもので、人がそれを見てもどのような情報が保存してあるのか判別することは出来ません。これに対して、バーコードリーダーは赤外線を照射してコードを解析、画面に表示する機能を持っています。

在庫管理の中でも運用が行われているケースが多く、特に在庫管理情報と在庫品の照合を行う時など、品名を目視で行うと間違いが生じるなどからもバーコードリーダーで照合を行うケースが多いのです。

バーコードは1次元コードなどの特徴を持ちますが、1次元コードには幾つかのフォーマットがあります。例えば、一般的な商品で利用が行われるものは、国内ではJANコード、ヨーロッパ諸国ではEAN、北米がUPCなど規格が異なります。

さらに、物流業界などではITFコードを初め、CODE39やCODE128など、郵便事業の中ではカスタマーバーコードと呼ぶ規格が一般的です。規格が異なるため、1台のバーコードリーダーで読み取りが出来るものは限られてしまいます。

但し、一般的なものについては読み取りが可能になっているので安心です。導入する時には運用するバーコードの規格に適した製品であるのか否かを確認しておくと良いでしょう。

バーコードリーダーはバーコードを読み取るための装置に過ぎませんが、読み取った情報を再利用することで様々な用途で活用が出来るようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *